伊達能 摺上


開演(開場)

だて歴史の杜カルチャーセンター大ホール(伊達市松ヶ枝町34番地1)

伊達市内プレイガイドにてチケット発売開始しました!
室蘭、登別、イープラスでのチケットは4月28日(土)より発売

能楽「摺上」とは

能楽「摺上」は江戸時代後期に、仙台藩内で創作された秘曲です。天正17年(1589年)に伊達政宗が蘆名氏を破って、奥羽の覇者となった「摺上原の戦い」について語る勝修羅物で、シテ(主役)は伊達成実(しげざね)。摺上原の戦いでは成実も政宗とともに戦い、また蘆名氏の重臣・猪苗代盛国を味方に引き入れるなど、勝利に貢献しました。平成元年に、仙台市市政 100年記念として半能(後半部のみ上演)として上演されましたが、このたび2018年の伊達成実公生誕450年を記念し、百数十年振りに本格復曲されます。

ページの先頭へ

Facebookやその他SNSで情報発信中!

ページの先頭へ

「摺上」あらすじ

伊達能 摺上

ときは江戸時代、仙台藩年頭行事「七種連歌」に参加した法眼(猪苗代盛国子孫)が京への道すがら会津猪苗代へ立ち寄ります。先祖縁の猪苗代湖畔の天満宮へ向かう最中、その昔に政宗が詠んだ歌「七種を一葉によせて摘む根せり」を口ずさむと老人が現れます。法眼に対して、その歌は摺上原の戦いに勝利し周辺諸国7か所を伊達家の支配下に置いたときの歌だと説明します。天満宮に到着し音楽を奏でると老人は消え、月夜の中に甲冑姿の武将が現れます。武将は藤原(伊達)成実だと名乗り、摺上原の戦いにて伊達勢がいかに攻防を繰り広げ勝利したか語ります。

ページの先頭へ

伊達成実の甲冑

亘理伊達家・伊達成実とは

~伊達政宗とともに戦国を戦い抜いた猛将~

伊達成実は、北海道伊達市を開拓した亘理伊達家の2代目であり、いとこにあたる伊達政宗とともに戦国時代を戦い抜 いた猛将でした。兜には毛虫を模した前立てをつけ、「決して後戻りはしない」を体現したと言われています。その反面、政宗の前半生を「成実記(政宗公御軍配)」として記録し、後世に政宗を知らしめる重要な役割を果たした文武両道の武将でした。毛虫の前立てがついた成実の具足(鎧)は、来年2019年春オープンの「だて歴史文化ミュージアム」に展示予定です。

ページの先頭へ

番組

仕舞

遊行柳
塩津 哲生
狩野 了一

狂言

樋の酒
山本東次郎

喜多流能 摺上

シテ(伊達成実の霊)
佐々木多門
ワキ(法眼)
安田  登
間狂言
山本凛太郎
大鼓
原岡 一之
小鼓
住駒 充彦
小野寺竜一
地謡
長島茂 他
日本語解説
塩津 圭介

(16時50分終演予定)

※英語解説は日本語解説の通訳でお送りします。

ページの先頭へ

出演者紹介

佐々木 多門

佐々木 多門

喜多流シテ方、日本能楽会会員。1972年生。喜多流職分佐々木宗生の長男。喜多宗家内弟子を経て現在、喜多流職分塩津哲生に師事。ゆかりのある平泉・中尊寺能舞台にて2001年「猩々乱」、2008年「道成寺」2017年「翁」を披く。2012年、同期の同人三人と「燦ノ会」を結成し、「石橋」を披く。東京での活動とともに、中尊寺薪能・仙台青葉能・白石碧水園能等、東北の能楽振興に重きをおきながら、国内外各地の公演に参加。

塩津 哲生

塩津 哲生

喜多流シテ方、日本能楽会会員。1945年生。父・塩津清人および、喜多流十五世宗家・喜多実に師事。現在、十四世六平太記念財団常務理事。「塩津能の會」を主宰。紫綬褒章受章。芸術選奨文部科学大臣賞、観世寿夫賞を受賞。「卒都婆小町」「鸚鵡小町」「檜垣」などを勤める。札幌にて札幌哲門会を主宰し、50年以上会員の指導に当たっている。

山本 東次郎

山本 東次郎

大蔵流狂言方、日本能楽会会員、日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。1937年生。三世山本東次郎の長男。山本家の質実剛健の気風を体現し、常に狂言界の第一線で活躍。紫綬褒章受章。芸術選奨文部大臣賞、エクソンモービル音楽賞など受賞多数を受ける。著書に「狂言のすすめ」「狂言のことだま」「山本東次郎家狂言の面」などがある。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連イベント

市民活動サークル ttemiyo(テミヨー)とのコラボイベントです。各イベントの詳細はFacebookページで紹介しますので、ご覧ください。

お申込みは伊達能「摺上」実行委員会または市民活動サークル ttemiyo(テミヨー)のイベントページからどうぞ。

第1回

4月23日(月)18:30~20:00
「祝・450歳!伊達成実を知っテミヨ~伊達市と成実の関係」

第2回

5月4日(月)10:00-11:00
「ナルミじゃないよ、シゲザネだよ」

第3回

5月14日(月)18:30~20:00
「戦国時代のヨサコイ!?お能を知っテミヨー~伊達市と能楽」

第4回

6月4(月)18:30~20:00 ※6月5日は摺上原の戦い決戦日
「戦国時代の戦とビジネス戦略をみテミヨー~摺上原の戦いと成実とさんさ時雨」

第5回

7月9日(月)18:30~20:00
「サムライはサラリーマン!伊達市の開拓が成功したと言われるワケ」

ページの先頭へ

チラシPDF

チラシPDF
日本語版チラシをダウンロード

ページの先頭へ

リンク

ページの先頭へ

協賛いただいている企業・団体(五十音順)

ページの先頭へ

お問い合わせ

伊達能「摺上」実行委員会事務局(合同会社永年社内)
TEL:0142-82-3453

ページの先頭へ